【涙腺崩壊】娘の整形に気付いた母 手紙の内容に「泣いた」「考えさせられる」

【涙腺崩壊】娘の整形に気付いた母 手紙の内容に「泣いた」「考えさせられる」

今やメジャーになりつつある美容整形

体型や声、身長など、きっと多くの人が何かしらのコンプレックスを抱えていることでしょう。

ありのままの自分を受け入れて愛することは、簡単なようでとても難しいことです。つい他人と比べてしまったり、『理想の自分』を思い浮かべたりしてしまいますよね。

容姿に関するコンプレックスは努力ではどうにもならない場合もあるため、整形という手段を選ぶ人もいます。

Twitterユーザーのばぶ(@akachanmandeth)さんも、インターネットで外見に対する中傷を受け、整形手術を決意した1人。

手術によって小学生の頃からコンプレックスだったアゴのゆがみや鼻の低さを整形し、笑顔になることが増えたといいます。

整形をした娘に、母親が送った手紙

子供の頃から親の過干渉や過保護に悩まされ、大学進学を機に家を飛び出したという、ばぶさん。現在は親と良好な関係を築いているものの、時には意見が衝突することもあるそうです。

離れて暮らしていても、整形によって娘の顔が変わったことをばぶさんの母親は察した様子。ある日、ばぶさんのもとに母親からの手紙が届きました。

直接会って話したいと思ってましたが、とりあえず手紙を書くことにしました。うまく書けないし、面倒くさいと思うかも…だけど、どうか最後まで読んでくださいね。

お母さんは、〇〇のことが大好きだよ。これはうそいつわりない事実だよ。どこにいても、何をしていても応援しているし、困ってたらすぐに駆けつけるて助けるし、ずーっと信じて見守ってたいと思います。

今はプチ整形とか若い子の感覚では普通のことなのかもと思うけど…。〇〇が大人っぽく変化したのは、母親だから気付くよ。

目が二重くっきりして鼻が高くなったよね。横顔が特に分かるよ。非難しているわけじゃないよ。非難というより心配しているほうが近いです。

自分で思うよりも、ずーっとキュートでかわいいよ。大人と子供が同居している面白い女の子ってそうそういないよ。本当に魅力的な女の子だと思うよ。

手紙はさらに続きます…。

母からの手紙(続き)

もっとかわいくなりたいと思うのはすごく当然のことだと思います。でも上を見だしたらキリがないし、もっともっと…と思うのが怖いです。

分かっているとは思うけど〇〇のことを好きで応援してくれる人たちは、外見ばかりじゃないでしょう。

かわいくて面白くて、優しくて賢くて楽しい〇〇が好きで、弱いところやダメなところもひっくるめての〇〇を好きで応援してくれてるんでしょう。

××で見た〇〇は笑顔が最高にかわいくてキラキラ輝いてて、お母さんも男子なら好きになってしまうヨ~って思ったヨ。

友人もず~っと「かわいいかわいい」いってたくらい。みんなを元気にできる〇〇って最高だなって思ったヨ。誇らしいと思ったよ。

今のままで十分なんだよ。そのままでいいんだよ。そのままでいてください。

しっかり栄養バランスのとれた食事してね。食べると元気になるし、食べることはすべてにつながるからね。

しんどくなったらいつでも甘えていいんだよ。いつなんどきでも最優先で駆け付けるからね。

きれいになった〇〇がさらに輝いていられますように…これからもみんなに愛されてみんなを元気に幸福にできる〇〇でありますように。

お母さんは〇〇が大好きだよ。ずっと見守っているよ!!

整形、親にバレてた。

お母さんもかなり悩んだんだろうな。親と喧嘩中だけどどうしたらいいのか葛藤。一時の怒りや「どうせ理解して貰えない」という感情や妄想が先走って、本当はすごく恵まれてることに気付かない。麻痺してる。しっかりしてよ自分。 pic.twitter.com/0lIkVgOpWl

— ばぶ

@整形垢 (@akachanmandeth) May 8, 2020

整形自体は否定せず、1人の母親として愛する娘のことを心配している、ばぶさんの母親。

2020年現在も、整形に対して偏見の目を持つ人は少なくありません。「親からもらった身体に傷を付けるなんて」という声もよく聞きます。

我が子に歩み寄ろうとする手紙の内容に多くの人が心打たれ、たくさんのコメントや『いいね』が寄せられました。

ネットの声

・泣ける…。文章を読んで、本当に娘を心配しているのを感じました。

・自分も整形関連で親と大ゲンカをしたので、考えさせられた…。

・整形を決意した投稿者さんの気持ちも、我が子を心配するお母さんの気持ちも分かるから心に刺さった。

親の愛情とか、当たり前のことが、じつは恵まれていて幸せなんだということに意外と気づけないものだったりしますよね。

手紙から、多くの人が親子の愛について考えさせられたようです。

引用元:https://m-plus.club/archives/9155,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント