地下鉄で。約10人のご老人たち「優先席は老人の席よねぇ!」 →スーツにニット帽をかぶったサラリーマン風の若い男「俺より長生きしそうなお前らに譲れって?(スッ…」 →なんと…

今日地下鉄で見た光景。
ジジイとババアが10人くらい地下鉄を待っていた。
俺は先頭だったが、老人どもはずっとうるさい上に全然並んでいなかったのに、
電車が来たら割り込んできた。

俺は絶対に入れないように乗り込んだら、優先席の方へ行ってずっと俺の文句を言っていた。
その後、ふた駅くらいずっとすごい大声で話し続けていた。
主人公は優先席に初めから座っていた30前後のスーツにニット帽をかぶったサラリーマン風の痩せた男。
老人たちは優先席に座っている若いのが気に入らなかったらしく、そのうち「ここは老人の席だよねー」みたいなことを言い始めた。
すると、男は帽子を取ってスカスカになった髪の毛を見せて、
「ガンの治療で病院帰りの俺より長生きしそうなお前らに席譲れってか?」

続けて、「それに、ここはお前らの家じゃねーよ。さっきから大声でうるせぇんだ。マナーくらい守れ!」
と言って席をたった。
それを見ていた斜向かいの若い女の子がその男に席を譲った。
老人たちはその後一言もしゃべらなかったな。
俺は降り際に優先席の方に向かって、
「マナーは守りなさいよ」って満面の笑顔で言っておいた。
ニット帽の人にはできるだけ長生きしてもらいたい。

引用元:http://ikarishintou.com/archives/87634891.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント